nobodyの日記

2007-07-10

AA(ただの駄洒落です)

とくに考えがあるわけではなく、ただの駄洒落です。

          ,,,      ,,,,,,      
       _ = ~~ ``ヽ_,=''~´  ´~ヽ 人間が
    _= ~               ヽ 長生き
    ~=、    ミゞ、  , -彡     ヽ. しようと思ったら
       ~=、、、Cl~evj <e~}6)_   、、、ミ  Vitamin-C だ
        ミ.~~ /', ゚ ;'7  ミ7ヾ~- 、   とは思わんかね?
       ≡   (','゚, '.人  ゝ |  ヽ
        `=  `ー'   iノ'  | / |
         ~ーノノノノノ'′

         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::/ノハノヽハ::::::::::::::::::::::::::::|
    ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::/_,,.-=ニ二゙゙` )ノヽハ::::::::::::/ ポーリング先生ーー!
|    /;;;;;;;;;;;;;;:::::/  ,,<◎ ``;   ソ:::j⌒ヽー'ノ      
\|  |;;;;;;/:::::::::::/X   ゙`ー=≠´〃 ノ::::j∩ l`ー-‐')
  | /|;;;;|:::::/::::レ' X,    〃  ノ::::/ )ノ ノ;;;;;;;;ノ
  \|l;;;;:|/:;;;;/    X,      〈:::::::i___ノ;;;;<_ノ)
    |;;;:|;;|;;:| ゝヽ   ´X ,     `ー;' |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
    \| \|  ヾ ̄ ̄ヾ´X ,      |;;;;;;;;;;;;=ニ´,
        ゝ  ゙Y´  ´〉 X ,/    |;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
         `ヽ `ー-‐‐' キ'´     |;;;;;;;/
           `ー-‐ '´

出典等:AAの部分は「【おこがましいとは・・】本間丈太郎のガイドライン」から。

トラックバック - http://gamma.g.hatena.ne.jp/nobody/20070710

2007-07-02

tDiary

今日は「はてな」ではなくtDiaryの話。tDiaryで(私が)書いている日記があって、ちょっとそれの更新間隔があいてしまってたのだ。そしたら、記法を忘れつつあった。

いや、正直に言おう。いくつかは忘れていました。忘れていた。忘却。そうして私は、(精神的に)ドスっとした感じの撃を受けた感じになったわけだが、もっと怖いのは、こうした忘却とか逆行(結果的にあと戻り的・水の泡的になるようなこと)は、音もなく、見えもせず、気付かないうちに私(たち)を捉えるものだ、ということだ。

とうの昔に(若干の趣旨の違いはあれ)兼好法師も書いていたことではあるけれども。

世界中にある、あらゆる本を読んでみたいと思いつつ、実際にはどこか一つの図書館の、そこに収められている蔵書の活字全てに目を通し尽くすことすら、ほぼ無理なのだ、と、そういった諦念というか悲しさにもどこかで接続していくような感情体験かもしれない。広く未墾の地の続く平原に、ポツネンと置かれたような無力な感覚とでもいうか、うまく言えないけど。

でも一方で、やはりうまくは言えないけれど、いろいろなものには限りはあろうけれども、でも一方で、何か(逆説的に)無限でもあるような気もするというか、希望がないわけでもないようにも思ったりもする。

落ちとかはとくにありません。

トラックバック - http://gamma.g.hatena.ne.jp/nobody/20070702

2007-06-28はてなっこ

はてなっこのはてなのう

まったくどれだけはてなっこなのかとも思うが、はてな社の発表を受けて何やら想像してしまった。来月だかに予定されているはてな関連のイロイロな変更にともないid長の上限が緩くなる。つまり、はてなのユーザidを最大で32バイト(だったと思う)に拡張するらしいというのだ。ここで、もちろんのように既存のidはそのままで通用するようにするらしいんだけれども、さて、この機会にはてなのユーザidをケース・インセンシティヴに設計しなおせるかどうか、とかいったことがこの日記を書いているはてなっこのはてなのうが想定課題として出してきた問題。

んで、「キャピタル文字を含む既存のidについては、それに対応する全部小文字の32バイトidをシノニムとしてひとつ割りふることにして、その32バイトidの側を正規形として……」みたいなことを考えはじめたのだが、やっぱり無理だと思った。落ちはとくにない。初期設計は大事だなと思った。それから、個人的には、既存のものはそのままに、別体系で同種のサービスを並行的に稼動させて(このときにidのcase問題を解決するわけですね)、並行的に運営をつづけ、長期的には(可能ならば)後発のものに移行していくという手法がまあ定石ぽい感じかなとか思った。なんか「それ何てnifty?」とか定型句で返されそうだけど、じっさいのところ、あそこはそれなりにうまくやってきた例ではなかろうかとかとも思った。

トラックバック - http://gamma.g.hatena.ne.jp/nobody/20070628