nobodyの日記

2006-04-02ごめんなさい

応答(お詫びと弁明)

コメントにしてしまった。すいません。日記スペースに書きなおします。基本的に「寸゛さんのbetaグループにおける日記のコメント欄」に書いたままのものを、そのまま掲載しています。

# nobody 『お気にさわったみたいな点はごめんなさい。腫れ物あつかいにしたつもりはありません。』(2006/04/02 01:25)

# nobody 『どうしたらわかってもらえるんだろう。コメント欄も閉じられてますので、場所違いを承知でこちらで失礼しました。無力を感じています。たぶん、引用のお手間をとらせたくなかったのです(と思う)。わたくしにとっての?Bはクリップ間のリンク生成が楽にできる個人用記事DBといった位置づけで、だからクリップはローカルのメモとかわらなくて、私的なことなんです。なのに、わたくしが気楽におこなうクリップという行為が、寸゛さんに引用というお手間を強いてしまうのは、何かすまなく思っていたのです(と思う)。

# と思う、といった表現なのは、わたくしの同一性やわたくしの考えていること一貫性に、いまいち自分でも自信がもてないからであって、揶揄とかの意図はありません。すいません。

それで、でも「はてブ」でクリップされたらそれを日記に追記するという寸゛さんのスタイルは、べつに咎められるものでもなんでもなく、寸゛さんの裁量でなさってくださっていいものなのだとは思います。

変に気をつかってしまったこと。それが「腫れ物あつかい」ってことだったのかもしれません。ごめんなさい。ドットを挟もうがそのほかのセセこましい何かをしようが、どうせクリップしたという事実は伝わるのだから、さいしょから普通にクリップしていればよかった。不愉快な思いをさせてしまってすいません。かんべんしてください。また昔みたいに仲良くしていただける日がくればいいなと、(自分勝手な言いぶんだろうし、もはや無理な話なのかもしれませんが)、思っています。

ごめんね。あと、名指しで書いてくださって、どうもありがとう。名指しで書くのって度胸がいる(と思う)から、たぶん自分なんかも)わりと仄めかし表現で逃げちゃったりする(し、ネットをうろついていてもときどき見かける気もする)けど、はっきり言ってくださるのは、うれしい。前にすすめると思うから。ありがとうございました。そして、もういちどごめんなさい。

(以上:http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20060331#haremono に関しての応答でした。あと自分の日記スペースに書いてトラックバックすべきだったかもしれず、このあたりの思慮の無さも、あわせてごめんなさい)。』 (2006/04/02 01:44)

betaグループ - Group::beta::大和但馬屋日記 - 2006-03-22 (コメント欄)

上で「ローカルのメモとかわらなくて」と書いてある部分、ひらがなの続きのせいで読みにくい気がする。漢字に直すと「ローカルのメモと変わらなくて」です。

つか、関係のない日記(betaグループのほう)にコメントで応答することとか、なんか nobody の人はリテラシに欠ける気がするので、そろそろ退場したほうがいいのかも。

ちょいブルーな気分だったり疲労が蓄積してたりで、あんまり読んでくださるかたに楽しんでいただける記事になってない点もごめんなさい。

今回に限らず、またグループ・ダイアリーを問わず、もう、「のほほん」な記事は書けなくなったのかもしれなくて、それは(すくなくとも自分では)悲しいことです。

また、もとから議論には向いてないタイプなので、できることは限られていたわけで、まあ賑やかし役とか糊付け役みたいな感じでやってけたらいいなあと思ってたりもしていました。なのに、雰囲気をわるくすることしかできないのなら、害でしかない。まとまらないけど、そんな感じ。

あしたあたりは元気になりたいです。(←この能天気さが、またお気にさわるかもしれなくて、そのへんも、すみません。やはり、読んでくださるかたのご気分とかも考えちゃうので、文章を後ろ向きに締めたくはなかったのです。お汲み取りください)。

追記 22:24

上の文章を受けて、大和但馬屋日記さんからご説明いただきました。(ありがとうございます)。約150字程度と短くて失礼なのですが、とりいそぎお返事いたしますと、次のような感じです。

ありがとうございます。拝読しました。わたくしの側にも甘えがあったと思っております。また、この頃はclipした記事を高々3日程度で消してしまうこともあり、そのこともあって変な"配慮"(勝手かつ甘えた"配慮") をしてしまったように思います。すみませんでした。

頂いたお言葉は、まだまだこれから咀嚼していかないといけないと思いつつ、どれだけ考えていけるものかわかりません。しかし、たとえば、「記事を見るのか人を見るのか」という視点など、大事な点をいくつか提示していただきましたので、おりにふれ、無理がなかったか、それでよかったのか、どうしていけばいいのか、等々、反省していきたいと思います。

よろしくお願いします。

yms-zunyms-zun2006/04/02 02:08拝読しました。吟味した上で後ほど改めてご返答します。私が言うのも何ですが元気になって下さい。

nobodynobody2006/04/02 02:32ありがとうございます。遅い時間に長文でごめんなさい。きっと元気になってみせます(いやみせなくともいいのですが、なります。なりたい……。お気遣いありがとうございます。)

トラックバック - http://gamma.g.hatena.ne.jp/nobody/20060402